ウィッグを上手に使うための知識

ウィッグは、購入して付けるだけではだめです。

 

自分に合うようにアレンジしたりすることで、もっと楽しめるし、可愛くできるのです。

 

またせっかく購入してもすぐにダメにしてしまっては、安くなったとはいえ、もったいないです。

 

ウィッグを使ったり、保存したりするための知恵を身に着けると、ウィッグライフをもっと快適に楽しめるようになります。

 

そのための色々な知識や知恵についてまとめています。

 

ぜひともあなたも身に着けてウィッグの達人になってください。

ウィッグのアレンジ知識記事一覧

人毛、手植えの高級なウィッグを購入すれば自然に見えるのは当然ですが・・・そんなに高いウィッグばかり購入できません。でも大丈夫です、1蔓延未満の安いウィッグでも自然に見せる方法はあります。自然にみせる工夫をすれば押すウィッグでも簡単にはばれないので是非やってみてください。19歳の大学生自体から、OLになになり、結婚して31歳になったウィッグベテランの私が、不自然に見えてしまう原因とそのおすすめ対策を...

ウィッグについてアドバイスお願いします。私は長年ショートヘアできたのですが、最近とてもロングへアに憧れています。ウィッグは使ったことないのですが、使ってみてどんな感じですか?ちょっとしたことでずれたり、いかにも鬘って感じでしょうか?(※記事の著作権は配信元に帰属します。)ウィッグについて急いでいます。夜行バスで日帰りで東京に行くのですが、そのときにウィッグをかぶりたいと考えています。自毛はショート...

一番良いのは美容院にウィッグ付けて行ってカットしてもらう方法ですが、断られることも多いですし、行きつけの所がなかったり、料金を倍とられたりしたらいやですよね。せっかく安く買ったのに美容院でたくさんカット代取られたら悔しいですしね。そこで、自分でカットをすることになるというのが多くの場合だと思いますが、そのまま何もコツを知らずにカットしてしまうと、ぱっつんカットになってしまうのが普通です。お姫様カッ...

年齢と共に髪にボリュームがなくなってきたり白髪が出始めたりと、あれこれ悩みは増えてきます。年だからと諦めずに、これまでよりもほんの少し手をかけたり便利なアイテムを投入することで、今までと変わらず、もしくはそれ以上に若々しくなることもできます。髪全体のお悩み、頭頂部がペタンとしてしまう、ハリやツヤがなくなってきた、生え際や分け目が目立つ、白髪が増えた、などを一気に解決しやすい頼れるアイテムにウィッグ...

自分がお願いしたイメージ以上に髪を切られてしまい、すごく似合わないヘアスタイルになって後悔したことは、女の子に多く・・・いえ男の子でも経験したことがあるのではないかと思います。切りすぎた髪を何とかしたい場合は、髪に湿り気を与えて、少し長く見せる方法があります。しかし、湿らせるとボリュームは減りますし、伸びても数ミリ程度だから、1.5cm以上切りすぎたという場合はちょっと無理です。髪を早く伸ばす効果...

ロングウィッグをばっさり切った際、そのまま捨てるのってもったいないですよね。余った毛髪で毛束を作っておけば、ボリュームアップの時に役立ちますよ。毛束の作り方その1気になる毛束の作り方ですが、まずバイアステープの片面にボンドを塗って、ウィッグの繊維を均等に並べます。次にもう片方の面にもボンドを塗ってバイアステープで毛先をくるみ、乾いたらバイアステープの合わせ目をミシンで縫うのですが、オススメは二重縫...

ハーフウィッグなどのポイントウィッグは地毛とハーフウィッグとの境目がどうしても目立ってしまうというのがデメリットになります。自分の髪の毛の色や髪質にちゃんと合っていれば問題はないのですが、そのような自分の髪の毛の色や質にマッチしたハーフウィッグを探し当てることができる方は非常に運が良い方に限られているのが現状です。自分の髪の毛の色や質とちょっとでも異なるウィッグをつけているとウィッグを装着している...