ウィッグファッションに役立つまとめ情報

ウィッグは色々な視点から選ぶことをお勧めします。
どんなふうに使うのか、どんなファッションをしたいのかにも、評判の良しあしは変わります。

 

前髪ウィッグ人気

かわいくイメチェンできるおすすめの前髪ウィッグを紹介。
前髪ウィッグを選ぶなら必ずパカパカしてしまうので、普通は帽子やカチューシャなどのアイテムと一緒に使うのが基本です。
アイテムを使わずに、ウィッグだけで使いたいのであれば、前の髪だけでなく、サイドまで毛があるタイプを選ぶことをお勧めします。

(著作権は各サイトに帰属します。)

自然なウィッグランキング

一番に重要なのは、つむじが自然なウィッグであることです。
ツヤなテカリ、長さはある程度は自分で改善できるけれど、つむじの自然さは自分ではどうにもならないのです。
見ただけで、ばれてしまうようなウィッグではいやですよね。
そして、ちょっと触れたぐらいではウィッグと気付かないようなもの。
では、そんな自然で質の良いウィッグはどのようにして選べばいいのでしょうか?
そのポイントを私の体験からお教えします。

(著作権は各サイトに帰属します。)

出来るだけ自然なヘヤーウイッグを探しています。

でも、あまりお金ないのでやすくていいのがほしいです。
円形脱毛が出来てるのと、強烈なくせ毛がいやで仕方ありません。
ショートカットのウイッグがほしいと思ってます。

(著作権は各サイトに帰属します。)

ウィッグを打ち明けるべきか

40代女性です。薄毛で悩みウイッグ(ヘアピース)を使っています。なじむように美容院で微調整など
メンテナンスは気を付けています。
パート先は女性が多い環境なので、髪やファッションや太ってる痩せたい等の会話は多いです。
周りの人から「お若く見える。髪型がいいかんじ羨ましい」とか何度も言われると、
私自身が気にしているせいか、単に褒められているのか、髪が不自然だから探りを入れられているのかと不安になることがあります。
ウイッグ(ヘアピース)を使っていることを打ち明けておいた方が精神的に楽なのか、
言わないほうが楽なのかも、悩ましいです。

(著作権は各サイトに帰属します。)

ウィッグのおすすめアレンジ方法

購入したウィッグをそのまま使っているだけでは、面白みがない。
それに、買ったままでは、ちょっと自分に似合わないものもあるよね。
ちょっと光沢がありすぎて、自分の肌の色に不釣り合いだとか・・・
不自然に見えるとかもあるかもだし。
前髪の長さが、自分の額とあっていないとかも結構あるよね。
いくら質が良いウィッグを手に入れても、頭の形や顔の形はみんな違うから、買ってそのまま完全にピッタリなんてことはないと思う。

(著作権は各サイトに帰属します。)

ウィグが(元々)少しだけカールしていて、
それをストレートに直したいのですが、何か良い方法はありませんでしょうか?
以前濡れタオルでウィグをおさえて、アイロンの低温でかけたところ、
髪の毛がごわついてしまったので、やはりドライヤーやヘアアイロンなども無理なのでしょうか?

(著作権は各サイトに帰属します。)

フルウィッグを着用する時について

フルウィッグを着用する時、色が合えば髪をネットでまとめないでそのまま被っても大丈夫なんでしょうか

(著作権は各サイトに帰属します。)

医療用ウィッグ安い・おすすめはこれだ

医療用ウィッグが高くて困っている方、実はもっと安いウィッグあることをご存じですか?
もちろん質が良い自然な普段使いできるウィッグです。
安く購入できるおすすめウィッグを紹介します

(著作権は各サイトに帰属します。)

 

ウィッグに役立つ情報記事一覧

医療ウィッグというと、特別質が高くて、価格が高いというイメージですが、実は、ファッション用ウィッグの高級品と同じものなんです。だから、医療用として使う方が、ファッションウィッグをつかっても、別に問題はないですし、逆に医療用ウィッグをファッション用に使っても何ら問題はないのです。医療用という言葉を使うことで、高級で、高いというイメージを持たせることができるため、医療ウィッグとして、高価な価格をつける...