医療用ウィッグも実は同じウィッグ

医療ウィッグというと、特別質が高くて、価格が高いというイメージですが、実は、ファッション用ウィッグの高級品と同じものなんです。

 

だから、医療用として使う方が、ファッションウィッグをつかっても、別に問題はないですし、

 

逆に医療用ウィッグをファッション用に使っても何ら問題はないのです。

 

医療用という言葉を使うことで、高級で、高いというイメージを持たせることができるため、医療ウィッグとして、高価な価格をつけるのが目的だといえるでしょう。

 

医療用に特化したメーカーは、数十万円という価格設定で、病院を通じて販売しています。

 

もちろん、数千円ではでは購入できない、それだけの理由がないわけではありません。

 

それぞれの人に合わせて、オーダーメード式で、人毛で作られることが多いのです。

 

ただし、必ずしも、その価格対質やサービスが見合ったものであるかどうかは、かなり疑問を抱きます

 

ファッションウィッグを主に扱ってきたメーカーも、近年は、高級品は医療用ウィッグとして販売しています。

 

どんなに質を高めても、たかがファッションウィッグでしょと思われてしまうのが嫌なのでしょう。

 

ですから、ファッションウィッグメーカーで販売させている医療用は、実は、ファッションウイッグの高級版として考えていいのです。

 

毛の質も人工毛と人毛のMIXや、完全な人工毛だったり、部分手植えで価格を抑えたものもあり、医療用で高値で販売しているウィッグよりもはるかにコスパが良いのです。

 

ただでさえ、治療にお金がかかるのに、ウィッグに保険金が下りるのであれば別ですが、そんな大金をかけるのは厳しいのがほんとのところだと思います。

 

医療用の名を借りて、高額で販売しているメーカーには、不快感を感じざる負えません。

 

まとめると、医療用ウィッグもファッションも実は同じウィッグであるといえます。

 

つまり、どちらを目的にウィッグを選ぶにしても、どちらかに固執する必要はないということです。

 

私なら、二十万も三十万円もする医療ウィッグ専門メーカーから買うなんて、馬鹿らしいと思えてなりません。

 

ファッションウッィグメーカーの医療用ウィッグは量産タイプですが、ちゃんと、提携美容院でカットしたり手入れしたりできるサービスもありますしね。

 

5万円前後でも、医療用専門ウィッグに十分匹敵する高品質で、ファッション性の高いウィッグが購入できるのですから。

 

評判がいいのは、リネアストリアの医療用ウイッグだよ。