リアルを追求した高品質ウィッグ

人工毛は100%日本製

日本製は品質にばらつきがなく、クオリティも高いから、お値段もそれなりに激安ウィッグより高めになるけど、この品質で9,990円のフルウイッグが買えるので、そこそこ良いコスパと言えます。

自然なつむじ

マイウィッグは独自の人工スキンを使用していて、つむじや生え際もとっても自然。カラーリングしてから、しばらくたったプリンの状態もリアルに再現するなど、なかなかこだわりもあります。

納得の価格

これほどリアルを追求したウィッグだから、価格はもっと高くても納得いくと思うけど、世界最大級のかつら工場と直接取引をして中間マージンをカットしているからの価格と言えます。

 

ただし、ウィッグ・エクステ Brightleleは、100%総手植えウィッグで8,480円(税込)と少し安い価格です。

 

ファィバーが日本製ではなく、海外製ですが、実際の質感は、ファィバーではなく、総手植えである事の方がいいです。

 

やはり、マシンメイドでぎゅっと均一に植え付けられているよりも、手で植えている方が、より自然に見えます。

 

ファィバーを日本製にこだわるより、総手植えである事の方が勝ちが高いと私は思うので、

 

この価格帯であれば、 Brightleleの方をお勧めしたいですね。